交通事故のリスクに備える

交通事故のリスクに対してどのように備えをするかをお知らせするページです。



[ 自動車事故の実態 ] [自動車の保険] [加害者になったら] [被害者になったら]

交通事故は年々減少傾向にありますが、未だに年5000人以上が交通事故により死亡しています。

自動車を運転される方は自動車事故の加害者になった場合に備えて、強制保険だけでなく任意保険にも加入することが重要です。
被害者になってしまった場合には、自分だけで解決しようとせず弁護士に相談することが重要になります。

加害者になった場合
任意保険に加入する理由

強制保険とは、正式には自動車損害賠償法に基づく自動車賠償責任保険のことを指します。
自賠責保険では他人を死傷させて場合に保険金が支払われますが、物的損害については一切保険の適用がありません。
また、他人を死傷させた場合の保険金の支払いにも被害者1人につき死亡3000万円・後遺障害4000万円・傷害120万円という上限があります。 自賠責保険の保険金だけでは、被害を補償しきれない場合も自己負担になります。
死亡事故などの重大な事故の場合、加害者は多額の損害賠償金の支払いという大きな負担を強いられ、被害者は支払いを受けられないリスクを背負うことになります。
被害者、加害者の両方にとって不幸な結果となってしまいます。
対人損害・対物損害に対して無制限に補償する任意保険加入しておけば、このようなリスクを回避することが可能です。


被害者になった場合
弁護士に相談する理由
自動車事故の被害者等(死亡事故の場合は遺族を含む。)になった場合、弁護士に依頼していなけらば、損害賠償の算定の基準となる症状の固定の時期、後遺障害等級認定、示談交渉の際示談金の基準に相手の保険会社が係ります。
保険会社は被害者等に有利なように取り計らってくれることはなく、被害者等は自身の利益を守るために弁護士に依頼することが重要になります。
弁護士に依頼するといい理由については次のページでお伝えします。次のページへ

当サイトの内容についてできる限り正確な情報を提供するよう心がけていますが、法的正確性を保証することはできません。